太陽光発電 システム

システムの導入には、コスト意識が重要

システムを導入する場合、考えないといけない費用があります。
システム価格と工事費だけではありません。
というのは、国と地方自治体による補助金もあります。
今後、削減できる光熱費や売電収入もあります。
それらを含めて長期的な視点でシステムについて考える必要があります。

世間一般的にいわれているのが、初期費用の回収は10年以内が望ましいとされています。
国、都道府県、市区町村の補助金や売電収入の金額により、短期間での回収が可能です。
節電に取り組み効率の良い運転の仕方で、さらに短い期間で回収ができることもあります。
このように、システム導入後も見据えて考える必要があります。


余った電力は電力会社に売ることができます

このシステムのメリットは、余った電気を電力会社に売れることです。
昼間に電気を発生させますが、そのすべてを家庭で使い切れないことがあります。
つまり、電気が余ることもあります。
それを電力会社が買い取ってくれる制度があるのです。
簡単な手続きさえしておけば、自動的に電気の売買が行われます。
その差額が収入として口座に振り込まれます。
注意しなければいけないことは、売電による収入は雑所得扱いになります。
課税対象になり、売電収入を含む雑所得の合計が年間20万円を超える場合、確定申告が必要です。

もちろん夜間は電気を発生できないため、電気を買わないといけません。
それも夜間の電気料金を安価に利用できる「時間帯別電灯契約」を契約しましょう。
さらに電気料金を節約できます。


システムが注目を集めています。

いま現在、国の補助金が支給されるからです。
ただし、この補助金制度は一時的なものです。
一般家庭にシステムが普及してしまえば、補助金制度も終わりを告げるのです。
施工業者がたくさん参入しており、今すぐにシステムを設置しませんかとセールスをしています。
このシステムの導入によって、電気代を節約することができます。
さらに、売電による利益を得ることも可能です。
ただ、確実性を求めるなら、10年後においても利益を上げることが大事です。
目先の利益に惑わされないようにしましょう。

システムが利益を上げるためには、売電価格が重要になります。
現在は、国の施策によって高値で買い取ることが保証されています。
ただし、将来は見直しがされることが決まっています。
残念ながら、売電価格は下がっていくことでしょう。
補助金も一時的なもの、システムの導入費用と毎年の利益を計算しておくことが大切です。

最近、街中や空地にシステムを見かけるようになりました。
これまでは、住宅の屋根の上だけでしか見かけなかったのに拡大しています。
土地の有効活用を図ると言う名目でシステムを設置するようになったのです。
クリーンエネルギーですから、周りに迷惑をかけるわけではありません。
このシステムのいいところは、可動部分がないためメンテナンスが容易なことです。
電気系統は余程のことがない限り故障しません。
これからの時代は、電気代の節約がメインになっていくことでしょう。


停電・災害にも電気が使えます

電気を発生しますので、地震や台風による自然災害による停電にも役立ちます。
日が出ている昼間なら、発生した電気を利用できます。
ただし、機器自体も電気で動いてますので、他の家庭と同様に一度は停電します。
その後、パワーコンディショナ付近にある非常用コンセントを利用します。
ただ、エアコンなどの電気消費量が多い家電製品は使用できません。
また数多くの家電製品を同時に使用することも難しいといわれています。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|