太陽光発電システムに使用する太陽電池モジュール


国内で数社が製造、その中でもトップクラスが東芝です。

東芝の太陽光パネルを設置すると発電量が多いですから、東芝製を購入したいですね。

しかし、価格は高くなりますから、予算との兼ね合いで決定しなければなりません。

導入コストが高くても、補助金は太陽電池の面積で決まってしまいます。

つまり、補助金を除いた金額が高くなってしまうのです。



東芝の太陽電池


東芝のモジュールは単結晶と呼ばれるタイプです。

発電効率は世界最高ですが、それでも、20.1%です。

つまり、太陽の光の2割しか電気に変換できないのです。

将来はもっと効率の良いモジュールが開発されるかもしれません。

しかし、補助金をもらえるのはあと数年、早めに導入すべきでしょう。



東芝の太陽光モジュールは発電効率がいい


東芝のモジュールの生成過程に秘密があるのです。

モジュールが発電した電気を家庭内で使用するためには、パワーコンディショナーという機械を通して商用電源に変換しなければなりません。

その変換効率も重要、両方の変換効率を合わせて、発電する電気量が決まります。

発電効率が高い商品は、昼間の強い日光だけでなく、弱い日光でも電気を作ります。

それだけ電気代の節約をすることができるのです。



« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |