太陽光発電 リスク

ソーラーパネルは、設置したら終わり!ではありません

一番気になるのは、どれくらいのリスクがあるかと言うことでしょうか。
設備の初期投資には、費用がかかりますが、売電だけで賄えるわけではありません。
初期費用を考慮したうえで、何年で回収できるかが重要です。
そのためには、どれだけ経費がかかるかを知ることが大切です。
メーカーのホームページでは、シミュレーションができるようになっています。
実際には、天候が関係しますから、簡単なシミュレーションでは誤差が大きすぎます。
一番確実なのは、近所でソーラーパネルを設置している人に評判を聞いてみるといいでしょう。
インターネットでは、実際に利用している人の声を掲載したブログが人気を集めています。

とにかく、ソーラーパネルを設置してから、すべてが始まります。
これから何十年とお付き合いをしていくわけですから、リスクもいろいろと発生します。
ですから、人間と同じようにリスクを避けるために、定期的に点検をすることは重要なことなのです。
とはいえ、中には面倒だと点検を怠ってしまう人もいます。
では、点検を怠るとどのようなリスクが発生するのでしょうか?
皆さんに、是非知っておいて頂きたいリスクがあります。
早速、お伝えしていきます!


ソーラーパネルの点検を怠ると起きるリスクとは?

1:発火のリスク
ソーラーパネルって、キッチンなどのガス台などと違って、目の届かないところにありますよね。
ですから、定期点検を怠って、何か故障によるリスクが起きていても気づかないことが多いのです。
ソーラーパネルは、屋根の上に電気系統のシステムをまるっと乗っけているようなものです。
トラブルと言えば「発火リスク」がものすごく高いのです。
屋根の上で、火災が発生していてもなかなか気づくことが難しいです。
気づいたころには、手遅れだったなんてことにもなりかねません。
よって、リスクを避けるために、定期的な点検はとても大事だと思います。

2:修理に費用がかかる
定期点検をするという意味は、未然に故障リスクを防いだりすることです。
機器のダメージが少ないうちに、不具合を発見するという意味があります。
ところが、点検を怠っていると、故障に気づいたころには結構なダメージになっている可能性があります。
ひょっとしたら、機械を買い替えなければいけないなんてことも出てきます。
そうなると、また余計に費用がかかります。
リスクを避けるためにも、面倒くさがらずにきちんと定期点検をしたほうがいいのです。
後々のことを考えると、実は費用がかからないかもしれませんね。

3:効率が低下する
定期点検は、重要機器の故障リスクを避けるためだけではありません。
もちろん、パネルの不具合も発見しだい直してくれます。
なかには、パネルが割れているなんてこともあるのです。
そのように状態になったままでは、もちろん効率は低下してしまいます。
それを避けるために、きちんと点検することで、効率を高い水準に保ったままにできるのです。

4:夜はソーラーパネルの効果はありません
買取による収入が目に見えることで、ソーラーパネルの恩恵を受けている実感があります。
また、昼間だけですから、家庭での電気の使用の仕方で効果は変わってきます。
誰もいなくてほとんど電気を使っていないならば、大半を売電することになります。
しかし、夜はソーラーパネルの効果はありませんから、電気代が発生します。
原油価格の高騰によって、電気代の値上げが行なわれています。
ソーラーパネルを付けていても、節電は進めていかなければならないのです。


リスクまとめ 

定期点検は、面倒だからしたくないと思う人もいらっしゃるかもしれません。
定期点検をしないで、何か大きなトラブルになったとき、面倒なリスクが発生します。
何もせず放っておくと、費用も大きくかかります。
ソーラーパネルを設置するときに、アフターケアもきちんとしているところを選びましょう。
一括見積サイトでは、全国の厳選施工会社から見積もりを取ることができます。
ゼヒ積極的に活用してみてくださいね。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|