太陽光発電 見積り

見積りサイトの比較に調べておくべき3つのポイント

1:業界の価格と相場
価格相場は、kW単価(1kWあたりの単価)が基準として相場が決まります。
見積り額は、この価格を基準に多くの業者と比較できます。
まずは、今年度の価格や相場を調べておきましょう。
ちなみに2014年度のkW単価は、30万円前後となっています。

2:各メーカーごとの価格相場と効率
ソーラーパネルの価格と効率は、メーカーによって違います。
ある程度把握しておくと、見積りを見るときの参考になります。

3:事前にシミュレーション
関連サイトでは、試算するシミュレーションできるソフトがあります。
必要項目(都道府県、地域、方位、設置容量、傾斜角度、電池の種類など)を入力。
大まかな情報を事前に知ることができます。
あらかじめ計算しておくと、売電の金額を判断しやすくなります。

普通に見積りとなると、販売店によって価格が大きく異なります。
量販店やホームセンターでは、販売のみを行うため中間マージンが発生!
直接購入するよりか、価格が高くなっていることをご存知ですか?

見積りの違いはもちろん、工事の内容やアフターケアまでしっかりチェック。

産業用・家庭用で多くの業者から見積りをとれる順
※各ホームページを参考にしました。

1位 株式会社グッドフェローズ

詳細はコチラ>>

自宅・法人施設・アパート・マンション
●気になったら今すぐ!簡単に見積り
●複数社をまとめて一括見積りできる
●実績のある安心の会社選びでオトク

郵便番号と物件種別を選んでクリック!
無料で簡単、約1分で見積り完了

詳細はコチラ>>

2位 ミツイワ株式会社

詳細はコチラ>>

物件種別を入力するだけ
●個人一戸建てでも設置
●マンションアパート屋上
●産業用(10kW以上!)

全国一括見積もり比較!
申し込みは簡単3ステップ
最短2分のかんたん入力

詳細はコチラ>>



見積りに差が出る理由

1:オーダーメイドだから
完全なオーダーメイドですから、外見的には同じような家でも違います。
日当たりや屋根の種類・大きさ・角度でも価格や見積りが変わってます。
見積を出す会社の判断基準も違いますから、多くの業者から見積りをとりましょう。
同じメーカーのパネルでも、業者によって見積りが違ってくるのはそのためです。

2:中間マージンが違うから
販売会社とメーカーとの間に何社も入っている場合は、中間マージンが発生します。
これだけで見積りの中の必要経費がアップしてしまいます。
販売会社が施工も兼ねているのか?別の施工業者に委託するかでも違います。
委託料金が発生するか?どうかでも見積り額が大きく違ってきます。

3:ソーラーパネルの製造コストが違うから
メーカーによってパネルに採用する原料が違います。
また生産地や方法も違うために、製造コストの単価が変わってきます。
販売会社にメーカーが違いますから、見積り額も変わっきます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。