価格比較・費用の見積もり

ソーラーパネルは、販売店によって価格が大きく異なります。
量販店やホームセンターでの販売は、販売のみを行うため中間マージンが発生します。
直販と比べると、価格が高くなっていることをご存知ですか?
価格の違いはもちろん、工事の内容やアフターケアまで異なるポイントをしっかり押さえたいです。

ここでは、ガイドによる価格・値段の相場などの記事だけではありません。
他社と比較して価格の一括見積もりをすることもできます。
上手に活用すれば導入費用を大きく押さえて、ソーラーパネルを設置することができます。
ソーラーパネルの設置をする前に、積極的に情報収集をしましょう。

産業用・家庭用で多くの業者から見積りをとれる順
※各ホームページを参考にしました。

1位 株式会社グッドフェローズ

詳細はコチラ>>

自宅・法人施設・アパート・マンション
●気になったら今すぐ!簡単に見積り
●複数社をまとめて一括見積りできる
●実績のある安心の会社選びでオトク

郵便番号と物件種別を選んでクリック!
無料で簡単、約1分で見積り完了

詳細はコチラ>>

2位 ミツイワ株式会社

詳細はコチラ>>

物件種別を入力するだけ
●個人一戸建てでも設置
●マンションアパート屋上
●産業用(10kW以上!)

全国一括見積もり比較!
申し込みは簡単3ステップ
最短2分のかんたん入力

詳細はコチラ>>



見積りサイトの比較に調べておくべき3つのポイント

1.業界の価格相場
業界の価格相場は、kW単価(1kWあたりの単価)が基準です。
見積もり額は、この価格を基準に比較できますので、まずその年度の価格相場を調べておきましょう。
ちなみに2013年度のkW単価は、35万円前後となっています。

2.各メーカーごとの価格相場と変換効率
パネルの価格と変換効率は、メーカーによって違います。
ある程度把握しておくと、見積もりを見る際の参考になります。

3.年間予測のシミュレーション
関連サイトでは、年間予測を試算するソフトがあります。
必要項目(都道府県、地域、方位、設置容量、傾斜角度、太陽電池の種類など)
これらを入力して大まかな年間予測の発電量を知ることができます。
あらかじめ計算しておくと、業者が提示する年間予測の妥当性も判断しやすくなります。


価格や見積に差が出る理由

1.オーダーメイドだから
外見的には、同じような家でも条件により違ってきます。
日当たりや屋根の種類・大きさ・角度などで価格や太陽光パネルの枚数などが変わってます。
見積りや価格を出す会社の担当者によっても、その判断基準もそれぞれ違います。
たとえ同じメーカーのパネルを扱っていても、会社あるいは担当者が違うと見積りや価格が違ってくるのはそのためです。

2.中間マージンが違うから
販売会社とメーカーとの間に何社も入っている場合は、中間マージンで材料費がアップしてしまいます。
販売会社が施工も兼ねているのか?
別の施工業者に委託するか?
あるいは、メーカーによる直接施工なのか?
これらによって、委託料金が発生するか?で価格も違ってきます。

3.ソーラーパネルの製造コストが違うから
メーカーによってパネルに採用する原料が違い、また生産地や方法も違う。
とうぜん、製造コストにより単価が変わってきます。
販売会社によって扱っているメーカーが違いますから、見積もり額も変わってきます。

« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |