太陽光発電 売電価格

これからの売電価格

これからの太陽光発電の売電価格は下がる一方です
法律では当初決められた買取り価格は20年間継続される
これが固定価格買取制度で売電価格が保証されています

売電単価は導入年度が遅くなるほど安い
どんどん売電単価が下がることが決められています


今後、システムの導入が遅ければそれだけ売電価格が下がる
あまり低いと導入の意欲がなくなりますね
最初の平成22年の売電価格の48円が最高値ということ

今後も売電単価の下げ止まりがないかもしれません



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。