住宅用ソーラーパネルについて

・ソーラーパネルのメリット
住宅用は、昼間に電気を発生させ、自家消費として使うことができる。
余った電力は電力会社に売電することができます。

・ソーラーパネルのデメリット
ソーラーパネルは、光エネルギーによって電気が発生するものなので、夜間は使えません。
また日中の在宅率が高く電気使用量が多い場合には、売電収入が多く見込めません。


住宅用オール電化について

・オール電化メリット
住宅用なら光熱費が一元化できます。
基本料金を電気に一本化できるので、ガスの基本料金がなくなります。
新築時の設置であれば、ガス配管・安全装置などを設置しなくて良いので、コストを削減できます。
生活時間が深夜電力利用重視の生活スタイルであれば、大きなメリットがあります。
深夜の電気料金を非常に安く使える契約体系になると、一般的な従量電灯契約と比べて半額以下です。
夜間の安い電力で電気温水器やエコキュートなどに貯湯・蓄熱できます。

・オール電化デメリット
災害が発生したときなど停電に弱いです。
住宅用オール電化は、電気エネルギーを熱源にしたシステムです。
停電が発生した場合には、熱源がまったく無い状態になります。
オール電化は停電になると、調理や家事を行うことができなくなります。
水槽内に貯湯するシステムを採用しているエコキュートや電気温水器であれば、自然放熱で冷めてしまうまでの間はお湯を利用することができます。
また最近では、停電時にも対応できる住宅用の商品も出てきました。


住宅用ならソーターパネルとオール電化

・夜間の住宅用電気
オール電化にすると、一般的に昼間高く深夜が大幅割引になる電力契約を行います。
ソーラーパネルは、夜間に電機は発生しませんから、夜は電気を買わなければなりません。
ここにオール電化と組み合わせると、昼間より割安な夜間の電力を利用できるのです。
昼間はソーラーパネルの電気でまかない、節電すると割高な余剰電力を売電することができます。

・災害発生のときも住宅用なら
災害にあっても停電になっても、ソーラーパネルから非常用電力を得ることができます。
これによって、住宅用がオール電化であっても不安が軽減されます。


住宅用を設置するなら

ソーラーパネルは夜間に電気を発生せず、オール電化は昼間の電気代がかなり割高になる。
こんなデメリットも、組み合わせることによってメリットになります。
昼間の割高な電気代を売電収入にかえることができるんです。
夜間の割安な電気を利用することで、住宅用の光熱費を削減できるのです。


住宅用導入のデメリット

住宅用のデメリットやマイナス面での主な箇所。
1.10年間は決まった金額で電気を買い取ってくれます。
  ただ、それ以降はまだ決まっていません。
  最悪買取0円ってことも、可能性はかなり低いけどあるかもしれません。
2.売電メーターは法律により、故障しなくても10年ごと取替えが必要。
  金額にして数万円はします。
3.パワーコンディショナーの耐用年数は10年~15年くらい。
  交換となったときに、30万くらい必要。
4.もちろん10年以上使えますが、長年使えば電子機器が故障する場合もあります。
  住宅用でも定期点検や保守点検が必要になるえる可能性があります。

長期間にわたって利用すると、コストや金銭的なデメリットが発生します。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|