太陽光発電補助金

太陽光発電の設置が増えています


補助金の申請は個人でも企業でも可能です。

設置スペースを持っている人にとっては、土地の有効活用につながります。



補助金手続きの流れ


いずれは補助金制度が終了することが考えられます。

早めに設備を導入しようとみんなが思っています。

まず、補助金申込書を提出します。

この申込日が期限を過ぎると無効となってしまいますから、注意が必要です。

申込の受理が決定すると、その旨の通知書が送られてきます。

まだ、この時点では工事に着工していないはずです。



受理が決定してから、工事着工することが大切です。

そして、設置工事中には各段階で証拠となる写真を撮っておかなければなりません。

工事期間は7か月以内となっています。

よほどのことがない限り、その期限が守られないことはないでしょう。

電力系統の接続が終わったら、補助金交付申請書を提出します。

これには工事完了報告書も含まれています。

そして、補助金交付決定通知書が送られてきて、補助金を受領という手順です。


これらをすべて自分でやる必要はありません。

ほとんどの場合、設置を請け負う工事業者が手続きをしてくれることでしょう。

あとは、太陽光発電が稼働すれば、毎月売電料金が入ってきます。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|