太陽光システムを導入するといいの?
特徴としては、温室効果ガスの排出がなく環境にやさしいです。
屋根にパネルを取り付けるだけの作業でシステムを導入できます。
あとは、屋根にあるパネルに日光があたると、電気を発生させるのです。
普通は電力会社から電気を供給してもらい、家庭の電気を賄っています。
それが自家発電できるのですから、電気代を減らすことができるのです。

太陽光発電を使ったエネルギーの自給
日光を利用しますから、昼間は多くの電気を発生させます。
逆に夜間や曇りのときは、ほとんど電気を発生させません。
また、多くの人は昼間に外出しており、夜になり自宅に帰ってきます。
昼間に発生した電気が余るため、電力会社に売って利益を得ることができます。
これは国の政策により、電力会社は発生した電気を購入しなければならないからです。

太陽光なら売電することができる
これによって、システム導入費を回収することができるのです。
補助金制度もあり、お住まいの都道府県と市区町村が実施なら、そちらからもらえます。
ただ、予定件数を越えると受付終了となってしまうこともあります。
補助金を最大限もらうためには、事前に十分確認することが必要です。
ある程度の普及が完了すれば、それ以上の拡大は必要ないからです。
また、システムの導入価格も低下傾向にあり、負担も減少しているのです。
家庭用だけではなく産業用の大規模なシステムも導入が進められています。

産業用・家庭用で多くの業者からの見積り順
※各ホームページを参考にしました。
太陽光が気になったらスグにチェックできます

1位 株式会社グッドフェローズ

詳細はコチラ>>

自宅・法人施設・アパート・マンション
●気になったら今すぐ!簡単に見積り
●複数社をまとめて一括見積りできる
●実績のある安心の会社選びでオトク

郵便番号と物件種別を選んでクリック!
無料で簡単、約1分で見積り完了

詳細はコチラ>>

2位 ミツイワ株式会社

詳細はコチラ>>

物件種別を入力するだけ
●個人一戸建てでも設置
●マンションアパート屋上
●産業用(10kW以上!)

全国一括見積もり比較!
申し込みは簡単3ステップ
最短2分のかんたん入力

詳細はコチラ>>



太陽光発電の電力会社との契約について
電力会社との間で売電契約を行った場合、売電方向の電力メーターが追加で取り付けられます。
つまり、こういうことです。
・電気を売るときは売電用のメーターを通過して電力量をカウント
・電気を買うときは買電用のメーターを通過して電力量をカウント

自家発電した電気を家庭内あるいは、企業で消費する際は、どちらのメーターも動きません。
といっても、発生した電力量と消費量がぴたり一致する事なんてほぼ無いでしょう。
常にどちらかの売電用・買電用メーターが動いていることになるでしょう。

一応全ての電気系統はひとつの経路で繋がります。
ただし太陽電池で発生する電力は、直流電力になります。
これを商用電力である交流に変換するユニットを間に挟むことになります。
こうすることで、余剰電力があれば自動的に売電になり、
不足電力があれば、自動的に買電という事が可能になります。

【太陽光発電の対応地域】
札幌 函館 青森 秋田 岩手 山形 宮城 仙台 福島 新潟 群馬 栃木 茨城 千葉 埼玉 大宮 浦和 東京 八王子 立川 多摩 府中 品川 23区内 神奈川 横浜 川崎 静岡 浜松 山梨 長野 松本 富山 石川 金沢 福井 滋賀 大津 岐阜 名古屋 豊田 豊橋 岡崎 三重 奈良 和歌山 大阪 京都 神戸 姫路 岡山 鳥取 島根 広島 山口 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 那覇